輸入住宅を購入するときに気になるアレコレ!基本情報を詳しく紹介します!

このサイトでは、これから輸入住宅を購入しようと考えている人に役立つ基本知識をお伝えします。
一般住宅とはまた違う輸入モデルの家はまだまだ分からないこともあるはずです。
高い買い物なので、失敗するわけにはいきません。
購入前に、費用の相場を確認しておくことは重要です。
ほかの購入者の体験も参考になります。
ここでは失敗した人のエピソードを知ることができます。
住みやすいマイホームのために、知るべき情報を入手しておきましょう。

輸入住宅を購入するときに気になるアレコレ!基本情報を詳しく紹介します!

輸入住宅の購入で失敗しないための注意点として、本質を知っておくことが大切です。
輸入住宅の特徴として、面と面で作られている点が挙げられます。
それゆえに、後から間取りのリフォームをするのが難しいケースが多いです。
購入するときにしっかりと間取りについては確認することが必要です。
またドアの修繕なども、輸入商品を取り寄せるのに時間がかかることを頭に入れておきましょう。
入居後のメンテナンスもサポートしてくれる業者で購入すれば安心です。

輸入住宅はローコストで手に入れられることも人気の理由

輸入住宅はデザイン性や機能面の高さが魅力で、憧れの海外生活を夢見て購入する人が多くいます。
輸入住宅は住宅資材や内部の設備などを、その名の通りパッケージ輸入して建てる為映画や海外で建てられている家に興味があると言う人にはピッタリです。
輸入住宅が多くの人達から人気を集めている理由の1つが、ローコストで手に入れられる点が挙げられます。
家の購入は高い買い物で購入には十分な予算と、長くローンを返済していく計画を立てることが重要です。
輸入住宅はシンプルな工法で建てられている家が多く、予算を抑えて家づくりをスタートさせることが可能です。
また住宅資材を全て輸入で揃えるのではなく、一部国内の住宅資材を使ったり家の内部の設備も国内のものを取り入れることでローコストが実現可能です。
内装や外装にこだわりを持てば持つ程予算が跳ね上がるのは当たり前のことで、削れる部分はカットしていくことで予算を安くしながらも夢のマイホームを手に入れることが出来ます。

輸入住宅はデザインがかなりお洒落

輸入住宅のデザインがお洒落に感じられる理由として、海外スタイル特有の開放的かつゆったりとした空間が挙げられます。
家のサイズ・規格が日本とは大きく異なっており、天井の高さや横の広さなど全てが大きくできています。
その結果ゆったりとした暮らしを演出でき、なおかつスタイリッシュな空間を生み出せるという訳です。
天井が高いだけで人間はその空間が広いと錯覚する上に、さらに実際に面積も広いのであればさらに効果が上がります。
海外の部材・資材を輸入して組み上げる場合、輸入住宅のお洒落さを向上させる一因となります。
全ての材料を輸入するとなれば輸送の時間はかかるものの、本場のスタイルにより近いデザインとなることでしょう。
加えて好みの国のスタイルが実現できるのが、お洒落になり得る最大の特徴と言えます。
シンプルで堅牢な造りが人気の北米、白色の壁にオレンジや茶色の明るい屋根が特徴的な南米、白と木材を基調としたスタイルが注目を集める北欧スタイルなど理想の様式で建てられるのは大きな魅力です。

輸入住宅で選ばれることが多いスタイル

輸入住宅は、海外の設計思想による住宅を国内に建築するスタイルです。
デザインはさまざまなものがあるため、自分好みの住宅を作ることができます。
選ばれることが多いスタイルとして挙げられるのが、北米住宅を代表するアーリーアメリカンです。
イギリス植民地時代や独立したばかりのころに建てられたデザインで開放的で、シンプルなカラーと構成ですがおしゃれで上品な雰囲気です。
三角屋根が特徴的で、室内は三角屋根の形を生かした大きな吹き抜けや、ドーマー窓から入る光で明るく、木を多用することでナチュラルな印象になります。
フランスの住宅デザインを取り入れたフレンチタイルも人気です。
白い外壁と漆喰や瓦屋根などの自然素材を使っているのが特徴のデザインとなっています。
自然を感じさせる無垢材などを多く使っていて、経年劣化も楽しむことができます。
そのほか人気のデザインとしては、心地よい空間づくりのできる北欧デザインも人気の輸入住宅です。

輸入住宅は地震に強いことも大きな特徴

国内のハウスメーカーの一般的な住宅ではなく、輸入住宅を購入しようと考えている方が増えています。
海外のようなお洒落な家に住むことができるため、他の人と違った家を手に入れたいと考えている方にピッタリです。
輸入住宅の魅力はデザインだけでなく、他にも多くあります。
耐久性が高くて地震に強いこともその一つになります。
面と面を合わせて作る工法なので、大きな地震が起こって問題なく住むことが可能です。
日本で住んでいる限りどこで大きな地震が発生しても不思議ではないことを考えると、日本に適した住宅だと評価できます。
震度5強や震度6くらいまでならどんな家でも耐えることができますが、6強や7の地震が発生してしまうと倒壊する家が出てくるはずです。
ただ、施工技術が低い会社で購入すると強度が低くなることがあるので、信頼できる会社を選ぶことが重要になります。
どこも同じに見えるかもしれませんが、比較してみると異なる部分が少なくないです。

著者:川添恒一

筆者プロフィール

神奈川県横浜市生まれ。
昨年夢の輸入住宅を地元に建設。
輸入住宅購入を検討中の方に、お得な情報を発信しています。
輸入住宅を横浜で